その他の政府、国際機関での職務

検事は、検察官として刑事事件について捜査や起訴不起訴などの処分を行って、裁判所に法の正当な適用を請求して、裁判の執行を指揮や監督するなどの権限を持っています。
公益の代表者として民法など各種の法律によって多くの権限があり、国家社会の治安維持に任ずることが目的で、検査権の行使は厳正公平で、不偏不党を旨として、事件処理でも人権を尊重することを基本としています。

検事は、検察庁以外にも政府における法律の専門家として法務省や、その他の行政機関、在外公館、民間や外国の組織でも幅広く必要とされています。
法化大学院または司法修習で習得した能力や、検事としての実務危険は検察とは違う分野で活かせる機会となっています。

他の機関には、衆議院や内閣官房 、内閣府、警察庁 に内閣法制局、金融庁など多くがあります。
外国では、国際連合やベトナム司法省、国際刑事裁判所、法科大学院などでの職務があります。
例えば、法務省での職務には、日常生活での基本的なルールを定めて、そのルールがきちんと守られるような司法の基本的な仕組みや検察、矯正、更生保護の犯罪を犯した人を処罰して社会復帰を援助するための制度や、登記、公証のような権利の実現を助ける制度の運営に携わります。
他にも、人権が尊重されるようにしたり、外国人の出入国が適切に行われるにしたり、社会の安全を守るために必要な調査を行ったりします。宇宙01

コメントは受け付けていません。