債権回収の流れと手続き

債権とは、債権者が債務者に対して一定の行為をするように要求できる権利のことをいいます。債務者から見た場合、これは債権者に対する義務にあたるのです。
債権回収を行う場合には、債権者が電話などで請求・話し合いが行われ、支払いがある場合はそこで終りますが、支払いが無い場合は郵便物の文章の内容を証明する「内容証明」が送られます。それでも、支払われない場合には、裁判手続きを行い債権者の申し立てで行われる「支払督促」で、金銭支払いなどをするように督促する裁判所書記官の処分をしたり、60万円以下の金銭の支払請求について争う「少額訴訟」などの法的手段が行われます。
このような手続きをしても支払われない場合は、強制執行で請求権の実現に向けて国が強制力を発動させて、債権者に満足を得させることになります。
その他にも、債権の同一性を変えずに債権者の意思によって移転させる債権譲渡、簡易裁判所や地方裁判所で行う民事調停、私人間の生活関係に関する紛争を私法を活用して解決させる民事訴訟などの方法があります。
このような場合は、弁護士や司法書士などの法律に詳しい専門家に相談することで、面倒な手続きなどを行ってもらうことができます。宇宙02

コメントは受け付けていません。