検事はどんな仕事をしているの?

検事の仕事は、警察が捜査した刑事事件を受理し、その疑われている人(被疑者)が本当に犯行を行っているのかを確かめて、刑罰を与えるための裁判を起こす(起訴)かどうかを判断することが仕事です。警察と協力し、自分でも捜査を行い、真実が何かを明らかにします。大型経済犯罪や政界絡みの汚職事件などは、単独で犯罪の捜査を行うこともあります。なお、起訴できる事件でも、被疑者の性格・年齢・境遇・犯罪の軽重・情状などによって起訴しない(起訴猶予)権限も持っています。起訴処分には、法廷で裁判を開いて行う公判請求と、書類審査のみで刑(罰金・科料のみ)が言い渡される略式命令請求があります。一定の重大な犯罪を扱う場合は、裁判員裁判の対象になり、それに対応しないといけません。
公判請求した事件の場合、裁判に立ち会って、裁判所に証拠を提出することや、証人尋問などを行うことで、被告人が犯罪を行ったことなどを証明することも仕事です。証拠調べが終わった後には、求刑を含む論告を行います。さらに、裁判所の判決に対して不服と考えた場合、上級裁判所に控訴や上訴やすることもあります。
その他の仕事は、裁判確定後に、懲役刑や罰金刑などの裁判が正当に執行されるように指揮・監督することです。アイランド03

コメントは受け付けていません。