検察官としての職務とは

検察官の職務とは、刑事事件について捜査及び起訴や不起訴の処分を行い、裁判所に対して正当な法の適用を請求することです。これに加えて裁判の執行を指揮監督するなどの権限を持っています。また交易の代表者として民法等の各省率によって権限が与えられています。検察はこの様な根拠で与えられている検察権を行使して日本国家社会あの治安維持に任ずることが求められており、常に厳正公平、不偏不党を旨とした行動を義務付けられています。
この検察の活動は裁判員裁判でも行われています。裁判員裁判は一般国民から選出された裁判員が参加して公判審理と評議に加わることになります。そのため非専門家である裁判員に対してもわかりやすく、迅速かつ的確に本質をついた根拠を提示する必要があるのです。刑事裁判においては検察の提示する証拠や根拠が重要な意味を持ってきます。かつては非常に細かく時間をかけていましたが、現在ではあまり時間をかけずに結論に導く必要があります。そのため問題の本質に鋭く切り込む必要があります。書庫不十分は減刑につながってしまうケースがあるため、立証できる材料を揃えて心理につなげるために最大限の努力をするのが検察に求められているのです。アイランド05

コメントは受け付けていません。