‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

刑事事件公判における職務

2015/03/08

宇宙03刑事事件公判では、裁判官や検察官の他に、裁判員も一緒に公判に立ち会います。
公判では、判決まで関与することになり証拠書類を取り調べたり、証人や被告人に対する質問が行われて、裁判員から証人に質問も出来ます。

証拠を全て調べたあと、今度は事実を認定して被告人が有罪か無罪かを判断し、有罪だとどんな刑にするかを裁判官と一緒に議論して、決定します。
議論しても意見の全員一致にならないときは、評決は多数決によって決まります。
ただ、裁判員だけによる意見では、被告人に不利な判断をすることは出来ず、裁判官一人以上が多数意見に賛成していることが必用になります。
有罪か無罪か、有罪のときに刑に関する裁判員の意見は、裁判官と同じ重みです。

評決内容が決まると、法定で裁判長が判決を宣告し、裁判員の役割は判決の宣告で終わります。

公判の簡単な流れは、次のようになります。

公判が請求されると裁判員裁判が適用される事件または複雑などの理由で、公判前整理手続で検察官による証拠開示の上、争点や証拠を整理して、審理計画をたてた方がよい場合は公判前整理手続きが行われます。
手続きが行われる事件は終わったあと、行われない事件は公判請求後に決められた日時に公判が開かれます。

公判が始まると、最初に冒頭手続きで人定質問や起訴状朗読、黙秘権の告知、罪状認否が行われます。
次に、証拠調べ手続きで、冒頭陳述、証拠調整求、証拠調べがあり、論告では求刑、弁護士による弁論になります。
それが終わると、裁判官による判決になります。

 

債権回収の流れと手続き

2015/03/08

債権とは、債権者が債務者に対して一定の行為をするように要求できる権利のことをいいます。債務者から見た場合、これは債権者に対する義務にあたるのです。
債権回収を行う場合には、債権者が電話などで請求・話し合いが行われ、支払いがある場合はそこで終りますが、支払いが無い場合は郵便物の文章の内容を証明する「内容証明」が送られます。それでも、支払われない場合には、裁判手続きを行い債権者の申し立てで行われる「支払督促」で、金銭支払いなどをするように督促する裁判所書記官の処分をしたり、60万円以下の金銭の支払請求について争う「少額訴訟」などの法的手段が行われます。
このような手続きをしても支払われない場合は、強制執行で請求権の実現に向けて国が強制力を発動させて、債権者に満足を得させることになります。
その他にも、債権の同一性を変えずに債権者の意思によって移転させる債権譲渡、簡易裁判所や地方裁判所で行う民事調停、私人間の生活関係に関する紛争を私法を活用して解決させる民事訴訟などの方法があります。
このような場合は、弁護士や司法書士などの法律に詳しい専門家に相談することで、面倒な手続きなどを行ってもらうことができます。宇宙02

その他の政府、国際機関での職務

2015/03/08

検事は、検察官として刑事事件について捜査や起訴不起訴などの処分を行って、裁判所に法の正当な適用を請求して、裁判の執行を指揮や監督するなどの権限を持っています。
公益の代表者として民法など各種の法律によって多くの権限があり、国家社会の治安維持に任ずることが目的で、検査権の行使は厳正公平で、不偏不党を旨として、事件処理でも人権を尊重することを基本としています。

検事は、検察庁以外にも政府における法律の専門家として法務省や、その他の行政機関、在外公館、民間や外国の組織でも幅広く必要とされています。
法化大学院または司法修習で習得した能力や、検事としての実務危険は検察とは違う分野で活かせる機会となっています。

他の機関には、衆議院や内閣官房 、内閣府、警察庁 に内閣法制局、金融庁など多くがあります。
外国では、国際連合やベトナム司法省、国際刑事裁判所、法科大学院などでの職務があります。
例えば、法務省での職務には、日常生活での基本的なルールを定めて、そのルールがきちんと守られるような司法の基本的な仕組みや検察、矯正、更生保護の犯罪を犯した人を処罰して社会復帰を援助するための制度や、登記、公証のような権利の実現を助ける制度の運営に携わります。
他にも、人権が尊重されるようにしたり、外国人の出入国が適切に行われるにしたり、社会の安全を守るために必要な調査を行ったりします。宇宙01

法務省内部部局で活躍する検事 

2015/03/08

司法修習を経て検察庁に採用された検事は、多くの場合検察官として全国各地の検察庁に配属になりますが、それ以外にもいろいろな活躍の場があります。
その一つが法務省です。ここには、大臣官房をはじめとして、さまざまな内部部局がありますが、検事の能力が発揮される代表的な局としては、「刑事局」「矯正局」「保護局」などが挙げられます。
刑事局の職務の一つが、刑事立法の立案です。これは,例えば裁判員制度の導入のように,公判実務に大きな影響を与えるものであり,法律家ならではの作業といえます。
矯正局は,刑務所や少年院などの矯正施設において、収容者に対する処遇が適正に行われるように指導を行います。配属された検事は、最近の矯正思潮に沿った、より適切な処遇方法について調査研究を行い、法令の原案の作成や法律的観点からの助言にあたります。
保護局に配属された検事は、仮釈放になった人や保護観察に付された少年などの更生保護に関する法令案の作成やそのために必要な各種調査を行います。保護観察官や保護司が第一線で対象者に接するのに対し、保護局は、更生のための環境を整える役割を果たします。
いずれの部局においても、「政府における法律の専門家」であることが求められます。ふきのとう

刑事事件公判における職務

2015/03/08

刑事事件公判では、起訴された被告人が犯罪行為を行ったかどうか、刑罰を科すべきがどうかなどについて判断します。
裁判所がどのような事実が存在していて、起訴された被告人が罪を犯したか(刑罰を課せるかどうか)、罪を犯したとしてどのような刑罰を課すのがよいのかを判断していきます。

適用される法律には、刑法や覚せい剤取締法、大麻取締法、銃刀法などがあり、金融商品取引法、商法などにも罰則規定があるので、刑事事件になることもあります。
また、刑事事件の訴訟は検察官だけが起訴することが出来ます。

公判とは、裁判所で裁判官や検察官、被告人(弁護人)が出席して、公開(例外もあります)の法定で審理(証拠を取り調べて事実を明らかにすること)を行う手続きのことです。
公判を行う日を公判期日といって、何回かの公判期日に分かれて審理が行われて最後Tに判決が出されます。
被疑者は基礎された時点で被告人となって、被告人に対して逃亡や証拠隠滅の可能性がある場合は、被告人を勾留することが出来ます。

起訴後の勾留期間は、起訴前の勾留とは違って原則2ヶ月で、必要次第で1ヶ月ごとに更新がされます。
更新は原則1回ですが、罪が重大であるときや証拠を隠す可能性があるときは、数回またはそれ以上続けて認められます。
被告人、親族、弁護士は保釈を請求出来ますが、裁判所が保釈を許可しても保釈金を収めないと釈放はされません。ひまわり

 

検察官としての職務とは

2015/03/08

検察官の職務とは、刑事事件について捜査及び起訴や不起訴の処分を行い、裁判所に対して正当な法の適用を請求することです。これに加えて裁判の執行を指揮監督するなどの権限を持っています。また交易の代表者として民法等の各省率によって権限が与えられています。検察はこの様な根拠で与えられている検察権を行使して日本国家社会あの治安維持に任ずることが求められており、常に厳正公平、不偏不党を旨とした行動を義務付けられています。
この検察の活動は裁判員裁判でも行われています。裁判員裁判は一般国民から選出された裁判員が参加して公判審理と評議に加わることになります。そのため非専門家である裁判員に対してもわかりやすく、迅速かつ的確に本質をついた根拠を提示する必要があるのです。刑事裁判においては検察の提示する証拠や根拠が重要な意味を持ってきます。かつては非常に細かく時間をかけていましたが、現在ではあまり時間をかけずに結論に導く必要があります。そのため問題の本質に鋭く切り込む必要があります。書庫不十分は減刑につながってしまうケースがあるため、立証できる材料を揃えて心理につなげるために最大限の努力をするのが検察に求められているのです。アイランド05

裁判員裁判における職務

2015/03/08

裁判員裁判は誰でも参加する可能性があります。では、選ばれた場合はどのような仕事をするのでしょうか。
まず、いきなり裁判に参加してほしいということにはならず、候補者名簿に載せますという通知が裁判所から届きます。この時点では何もする必要はありません。ただ、仮に裁判員に選ばれてしまった場合、非常に困ったことになるという場合、理由を書いて裁判所に送れば、名簿から外されます。
候補者名簿に名前が載ると、候補者として裁判所に呼ばれる可能性が出てきます。呼ばれるのは名簿に載っている全員ではなく、くじで選ばれた人です。
裁判所に呼ばれると他の候補者と共に裁判の内容の説明などを受けます。もし、裁判の原告や被告が知り合いなどの場合は裁判員には選出されません。
裁判員に選ばれると、実際に法廷に入って裁判に参加することになります。裁判官と共に証拠品を見たりすることもあります。そして、裁判官のアドバイスを聞きながら、他の裁判員と議論をして原告の訴えを認めるのか、それとも被告は無罪であると判定するのか、もし、被告が有罪であれば刑はどれぐらいにするのかということを決めます。ここでの議論の内容は守秘義務があるので裁判が終わった後でも話してはいけません。その後、判決を出して職務終了ということになります。アイランド04

検事はどんな仕事をしているの?

2015/03/08

検事の仕事は、警察が捜査した刑事事件を受理し、その疑われている人(被疑者)が本当に犯行を行っているのかを確かめて、刑罰を与えるための裁判を起こす(起訴)かどうかを判断することが仕事です。警察と協力し、自分でも捜査を行い、真実が何かを明らかにします。大型経済犯罪や政界絡みの汚職事件などは、単独で犯罪の捜査を行うこともあります。なお、起訴できる事件でも、被疑者の性格・年齢・境遇・犯罪の軽重・情状などによって起訴しない(起訴猶予)権限も持っています。起訴処分には、法廷で裁判を開いて行う公判請求と、書類審査のみで刑(罰金・科料のみ)が言い渡される略式命令請求があります。一定の重大な犯罪を扱う場合は、裁判員裁判の対象になり、それに対応しないといけません。
公判請求した事件の場合、裁判に立ち会って、裁判所に証拠を提出することや、証人尋問などを行うことで、被告人が犯罪を行ったことなどを証明することも仕事です。証拠調べが終わった後には、求刑を含む論告を行います。さらに、裁判所の判決に対して不服と考えた場合、上級裁判所に控訴や上訴やすることもあります。
その他の仕事は、裁判確定後に、懲役刑や罰金刑などの裁判が正当に執行されるように指揮・監督することです。アイランド03

傍聴に来たら裁判所を見学しよう

2014/11/14

裁判所の中で簡易裁判所は比較的小さく、法廷の他には裁判が始まる前に来た原告と被告が時間まで滞在する待合室や、民事裁判で、和解をするための話し合いが行われる調停室など、裁判に必要な部屋と必要最低限のものしかなく傍聴する以外は特に見るものはありませんが、地方裁判所になると簡易裁判所とは比較にならないほど大きく、見学を楽しめます。
たとえば、模擬裁判というイベントが行われていることがあります。これは実際の法廷を使い、参加者が裁判官や原告、被告などの役割を演じて裁判をシミュレーションしてみるというものです。模擬裁判に参加する場合ですが、毎日行われているわけではないので、裁判所からのお知らせをチェックして、開催される前に応募する必要があります。応募は電話でも可能です。
また、食堂があるので利用してみるといいでしょう。裁判所内の食堂には、傍聴希望者だけではなく、弁護士や検事なども来ることがあり、法廷にいた彼らを間近で見ることが出来ます。
傍聴をする場合ですが、簡易裁判所と比べると行われる裁判の数が多いので、入り口付近にある案内を見て、どのような裁判がどこで行われるのかを確認しましょう。傍聴するのが初めてという場合は第1回公判の裁判を見るとわかりやすいです。アイランド02