傍聴に来たら裁判所を見学しよう

裁判所の中で簡易裁判所は比較的小さく、法廷の他には裁判が始まる前に来た原告と被告が時間まで滞在する待合室や、民事裁判で、和解をするための話し合いが行われる調停室など、裁判に必要な部屋と必要最低限のものしかなく傍聴する以外は特に見るものはありませんが、地方裁判所になると簡易裁判所とは比較にならないほど大きく、見学を楽しめます。
たとえば、模擬裁判というイベントが行われていることがあります。これは実際の法廷を使い、参加者が裁判官や原告、被告などの役割を演じて裁判をシミュレーションしてみるというものです。模擬裁判に参加する場合ですが、毎日行われているわけではないので、裁判所からのお知らせをチェックして、開催される前に応募する必要があります。応募は電話でも可能です。
また、食堂があるので利用してみるといいでしょう。裁判所内の食堂には、傍聴希望者だけではなく、弁護士や検事なども来ることがあり、法廷にいた彼らを間近で見ることが出来ます。
傍聴をする場合ですが、簡易裁判所と比べると行われる裁判の数が多いので、入り口付近にある案内を見て、どのような裁判がどこで行われるのかを確認しましょう。傍聴するのが初めてという場合は第1回公判の裁判を見るとわかりやすいです。アイランド02

コメントは受け付けていません。